あなたの住宅環境改善をお手伝いする、総合支援サイト

>

リフォームの種類について調べてみた

大規模なリフォームとリノベーション

リフォームの中でも、基礎部分を除いてほぼ全ての部分を改築するものが「全面リフォーム」です。
このリフォームは、「スケルトンリフォーム」ともよばれています。最近よく耳にする「リノベーション」も、建物の間取りを変化した家族構成や生活スタイルに合わせてガラリと変えて、建物にさらなる付加価値をもたらすものであり、とてもよく似ています。
しかし、全面リフォームでは必ず骨組みをあらわにして全ての内装や間取りを作り直し、水回りなどの設備も交換してしまいますが、リノベーションは建物を改築してその価値を大きく高めることで私たちの生活を改善するのを主な目的としており、必ずしも基礎部分までは解体しなくとも良いという違いがあります。

プチリフォームについて考えてみよう

リフォームには、基礎部分を除いて全ての内装や設備などを解体する大規模なものだけではなく、水回りのみ、キッチンのみ、トイレのみ、玄関のみ、1階のみ…などといった建物の一部分のみを改装するも小規模なものもあります。
こちらは、「内装リフォーム」「水回りリフォーム」などと呼ばれます。そして、耐震補強など、大規模災害への備えを中心とした部分改装もこちらに含まれます。
このようなリフォームでは、費用を抑えながらも、生活上のお悩みをピンポイントで、しかもスピーディーに解決することができます。素人目には大規模な建て替えが必要なように見えても、実は部分的なリフォームで十分にお悩みが解決されるということもありますので、ぜひ専門の業者に見積もりを依頼してみましょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ