あなたの住宅環境改善をお手伝いする、総合支援サイト

>

自宅が住みにくくなってきた…さあどうする?

リフォームの素敵なところは?

リフォームのメリットは、なんといってもそのスピーディーさと、固定資産税や登録免許税といった各種税金の軽減をはじめとしたお財布への優しさです。
建て替えや住み替えでは、住宅の改装が終わるまで、もしくは住み替え先の住宅が用意できるまでの期間が短くないため、賃貸アパートなどの仮住まいを探さなければならず費用がかさんでしまいますが、リフォームでは現在の自宅に住み続けながら自宅を改装することも可能です。
さらには、改修の規模が小さければ、古い設備等の産業廃棄物の量も少なくなりますので、ゴミの処分費用を抑えることができるとともに、環境にも優しいです。また、数年おきに必要な部分のみを小規模リフォームで綺麗にしていくという選択肢を取ることで、愛と思い入れのある我が家にいつまでも住み続けることができます。

リフォームのデメリットは何かな?

リフォームのデメリットは、改修規模が小さくなりがちなことから、間取りや設備などの変更において、建て替えや住み替えよりも自由度が下がってしまうことです。
さらに、リフォームで理想を叶えようとするとき、場合によってはオプション工事などを多く行うことになり、結果として工費がかさんでしまうこともあります。災害に備えた耐震補強などの場合でも、住宅の劣化が激しいときや、予想外のシロアリ被害などが発見された場合には改修費用が高額になることがあり、必ずしも「リフォーム=割安」とはいかないところがあります。
そして、住み替えとは異なり工事費用は一から捻出する必要があるにもかかわらず、建て替えよりもローンなどの融資が利用しにくいので、ある程度まとまった資金の用意が必要になってきます。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ